厄介な尿漏れによる問題|すぐに悩みを治してくれる泌尿器科

最新の治療機器

案内

新宿にある泌尿器科では、負担の少ない手術方法で尿路結石の症状を治療します。ESWLと呼ばれる治療機器を用いることで、腹部を切開せずとも結石を砕くことができるのです。結石を砕くことで痛みによる負担を取り除ける上、施術の時間も短いので、多くの人に選ばれています。

詳しくはこちら

厄介な膀胱炎

看護師

埼玉にある泌尿器科では、膀胱炎に対しての治療も行ないます。膀胱炎は放置することで慢性化し、頻尿や痛みをもたらす症状です。膀胱炎を引き起こす菌に効果をもたらす抗生物質や、免疫力を高める漢方薬によって治療してくれるのです。

詳しくはこちら

高齢での症状

女医

尿漏れによる症状は、加齢によっても現れるものとなります。膀胱の弾力性の低下や筋力の低下により、高齢者は尿漏れを起こすことが多くあるのです。脊柱管狭窄症などの神経を麻痺させる病も尿漏れの原因ともなるため、泌尿器科へ相談することで重大な病が見つかることがあります。

詳しくはこちら

女性に多い悩み

女の人

多くの女性が人知れず抱える悩みとして、尿漏れによる症状が挙げられます。女性の約半数が経験したことがあるというデータもあるため、女性にとって重大な問題となるでしょう。尿漏れによる原因の多くは、出産に関わる症状であるとされています。骨盤底筋と呼ばれる筋肉が出産によって緩んでしまうと、下部にある膀胱を圧迫してしまうようになるため、尿漏れが発生しやすくなってしまうのです。お腹に少し力を加えるだけで尿漏れが発生することがあるため、症状が重度の人であれば外に出ること自体に恐れを抱く女性もいるのです。また、この骨盤底筋は更年期に差し掛かると緩むことが多くなります。女性ホルモンの低下により、尿道の粘膜がゆるんでしまい尿漏れを発症しやすくなってしまうのです。女性の尿漏れは子宮筋腫や子宮ガンである可能性もあります。尿漏れが頻発する場合、単純に加齢による問題だと片付けず、専門の泌尿器科へ診察を受けるようにしましょう。

泌尿器科では、尿漏れによる症状が深刻である人に対して適切な治療を行ないます。メッシュテープを挿入して尿道を支えるVTVと呼ばれる手術法や、抗コリン薬を処方することでの治療法も行なうのです。軽度の尿漏れの症状に悩まされる人には、骨盤底筋を鍛える体操も指導します。緩んでしまった骨盤底筋は、定期的に体操を行なうことで鍛えられるのです。毎日骨盤底筋の体操を行ない続けることで、症状も効果的に改善されるでしょう。